震災で消えた小さな命展〜複製画展〜

過去に開催した命展の絵の中から選んだ複製画を展示いたします。 日本はもちろん、海外でも展示会を行っています。

詳しくはこちら

震災で消えた小さな命展〜part3〜

第三回目の開催となる同展は、2015年3月より全国を巡回します。日程や会場など、ご案内しております。

詳しくはこちら

災害時のペット避難について

人も動物も同じ大切な命、家族です。「ペット同行避難」ではなく、「ペット同伴避難」を訴える活動をしています。

詳しくはこちら

ごあいさつ 2011年10月、私は震災の被害の大きかった宮城県沿岸部に行ってきました。
ボランティアとしてお手伝いをするとともに、
被災地の真実について自分の目で確かめたかったからです。
そこで、支援物資の配達などを手伝い、
あらためて被災者の方の悲しみや苦しみを知りました。
同時に知ったのが、犠牲になったたくさんの命の中に、
様々な動物、植物の命があったことでした。

家族同様の動物と別れ、悲しい思いをしている方々とお会いしました。
また、反対に飼い主が見つからず、ひとりぼっちになった動物たちを
お世話しているボランティアの方々ともお会いしました。
恐ろしい津波からせっかく助かったのに、
動物であるという理由で避難の網からもれて失われた命もあると聞きました。

私の大切な家族にも、動物がいます。
そのような話をきいて、心が引き裂かれそうになりました。

亡くなった動物たちは、大好きだった飼い主さんが自分のことで
辛い思いをしていることを、きっと、とても心配しているでしょう。
動物たちと飼い主さんの心を、私たちが描く絵によってつなぐことができたら…と
思ったとき 「震災で消えた小さな命展」の開催を決めました。

「震災で消えた小さな命展」は、被災者の方から描いて欲しい動物をうかがい、
絵本作家・画家・イラストレーターによって、
亡くなった動物たちを、絵の中によみがえらせる、というものです。
展覧会終了後は、被災者の方へその絵をプレゼントいたします。

今回の震災で私の胸に深く刻まれたことがあります。

津波で亡くなったたくさんの人々の命も、亡くなった動物たちの命も、
その命を想う人にとっては、みんな等しく大切な命であるということです。

「震災で消えた小さな命展」では、命の平等さについても伝えていきたいと思います。

「震災で消えた小さな命展」代表 うさ

過去に開催した命展

震災で消えた小さな命展1 震災で消えた小さな命展2
東日本大震災津波で消えた小さな命を想う 「東日本大震災津波で消えた小さな命を想う」の ダウンロードはコチラ↓から
ダウンロード
ぼくは海になった 命展から絵本が うまれました! 「ぼくは海になった」 (くもん出版) セブンネット amazon 楽天ブックス
犬と猫と人間と2
映画「犬と猫と人間と2」公式サイト
杉本彩ブログ
杉本彩さんのブログ
杉本彩ブログ
  • 命展ブログ
  • 命展ブログ
    「震災で消えた小さな命展3」チラシ(後半版)ができました!画像をクリックすると、印刷用の大きい画像が出てきます。
  • 命展ブログ
    「震災で消えた小さな命展3」チラシ(前半版)ができました!画像をクリックすると、印刷用の大きい画像が出てきます。
  • 「震災で消えた小さな命展」のバナーをご用意しました。 皆様のメールやブログ、ウェブサイトなどでご自由にお使いください。
    バナーは、ダウンロードしてご使用ください。
    「震災で消えた小さな命展」のホームページへのリンクは、 必ずトップページ(http://chiisanainochi.com/)に設定いただくようにお願いいたします。

    ------------------------------------------- ★日本語バナー
    【150X37】 日本語バナー

    【250X57】 日本語バナー

    ------------------------------------------- ★英語バナー
    【150X37】 英語バナー

    【250X57】 英語バナー

    ------------------------------------------- ★中国語バナー
    【150X37】 中国語バナー

    【250X57】 中国語バナー

Page Top