震災で消えた小さな命展〜複製画展〜

過去に開催した命展の絵の中から選んだ複製画を展示いたします。 日本はもちろん、海外でも展示会を行っています。

詳しくはこちら

震災で消えた小さな命展〜part3〜

第三回目の開催となる同展は、2015年3月より全国を巡回します。日程や会場など、ご案内しております。

詳しくはこちら

災害時のペット避難について

人も動物も同じ大切な命、家族です。「ペット同行避難」ではなく、「ペット同伴避難」を訴える活動をしています。

詳しくはこちら

命展の主旨 「震災で消えた小さな命展」には、二つの目的があります。
一つは、申し込まれた被災者の方に絵をプレゼントすることで、
亡くなった動物の心と、残された人間の心をつなぎたいという目的です。
飼い主さんは、自分だけが助かってしまったと責めている方が、
たくさんいらっしゃいます。
泥水の中から見つけ出した亡くなった動物の姿が目に焼きついてしまい、
元気な頃の動物たちの姿を思い出すことが出来ない方も、たくさんいらっしゃいます。
大好きな飼い主さんが、自分がいなくなってしまったことで苦しんでいたら、
亡くなった動物たちはとても心配になっていることと思います。
私たちが描く絵で、その二つの心をつなぐことができたら…と思っています。
そしてもう一つ。
『動物も人間と同じ命、大切な家族だ』ということを伝えたいという目的があります。
被災地で亡くなった動物たちの中には、
彼らがもしも人間だったら、確実に助かっていた命もたくさんありました。
アイディアひとつで、救えた命がたくさんありました。
申し込みをして下さった方たちから、
「動物も大切な家族なんだということを、多くの人に伝えてください。」
「亡くなった動物たちの命や私たちの悲しみが、これから先繰り返されないでほしい。」と、
被災地で私は託されました。
避難所によって、判断する人間によって、
目の前にいる動物たちの運命が決められてしまいます。
例えば、人間は安全な高所へ避難していいけれど、
動物は危険な低地でつないでおくようになどといったおかしな規則を、
考え直してもらえたら、と思うのです。
  目の前の動物の運命を決める立場になった方が、
その小さな命の行き先を判断する時、
「震災で消えた小さな命展」を思い起こしてくれることを願います。
これから先、いつ、どこで、同様な災害が起きるかわかりません。
被災地以外の各地で巡回するのは、このような理由があります。
「震災で消えた小さな命展」は、このような思いを込めて進めています。
ご理解いただけたら嬉しいです。

「震災で消えた小さな命展」代表 うさ

  • 命展ブログ
  • 命展ブログ
    「震災で消えた小さな命展3」チラシ(後半版)ができました!画像をクリックすると、印刷用の大きい画像が出てきます。
  • 命展ブログ
    「震災で消えた小さな命展3」チラシ(前半版)ができました!画像をクリックすると、印刷用の大きい画像が出てきます。
  • 「震災で消えた小さな命展」のバナーをご用意しました。 皆様のメールやブログ、ウェブサイトなどでご自由にお使いください。
    バナーは、ダウンロードしてご使用ください。
    「震災で消えた小さな命展」のホームページへのリンクは、 必ずトップページ(http://chiisanainochi.com/)に設定いただくようにお願いいたします。

    ------------------------------------------- ★日本語バナー
    【150X37】 日本語バナー

    【250X57】 日本語バナー

    ------------------------------------------- ★英語バナー
    【150X37】 英語バナー

    【250X57】 英語バナー

    ------------------------------------------- ★中国語バナー
    【150X37】 中国語バナー

    【250X57】 中国語バナー

Page Top